初めての方でも大丈夫!お酒の高額買い取りナレッジ

聞いてみよう!お酒の買い取り経験談

2017年09月08日 15:25

これまでは買い取りの流れや、注意点、メリットやデメリットをご紹介してきました。
これらの情報に加えて、実際に利用した方々の声である「お酒の買取サービスを利用したユーザーの経験談」をご紹介したいと思います。

最後には今回の経験談でも利用された、私がオススメするお酒買取り業者さんについてもご紹介します。

1.お酒の買取り経験談 〜ビール編〜

 

私は勤め先の会社で営業職として働いています。
仕事上のお付き合いが多い職種ですので、日本中にいるお付き合いのある方から、毎年たくさんの御中元や御歳暮が届くのです。
そしてどういうわけか皆さん示し合わせたようにビールばかり送って来られます。
おそらく飲みの席でビールばかりを飲む私を見て、気を使っていただけているのかなと思います。

確かにビールは好きですが余りの量に毎年飲み切れず、大量に余らせていました。
そんなときにインターネットでお酒の買取りサービスを発見し、試しに査定依頼をしてみたところ、賞味期限切れで査定額がつかないビールも多少ありましたが、思ったより高い査定額を提示してもらえました。

地域限定もののビールが多く含まれていたせいかでしょうか。
おかげで折角のご厚意を、毎年ただ捨ててしまうようなことにならず、胸をなでおろしています。

2.お酒の買取り経験談 〜日本酒編〜

 

私は創作和食のお店を経営しています。
やっと持てた自分のお店ということもあり、お出しする料理とお酒には妥協せず、良いものを取り揃えていると自負しています。

特に日本酒の品揃えには特に力を入れており、その時々のコース料理の献立に合ったものをお出しできるよう、厳選したものを仕入れているのですが、中には売れ残ってしまうお酒もあるのです。

折角厳選したお酒が誰にも飲まれないまま飲み頃を過ぎてしまうのは、とても忍びない。
何かいい手段はないかと思案していたところ、お酒の買取りサービスに出会いました。
査定依頼をしたところ、まずまずの額が提示されたのでそのまま売却しました。

それ以来、売れ残りそうなお酒は早めに売却し、次の仕入れに充当することができるようになり、より柔軟に日本酒を仕入れることができるようになりました。

3.お酒の買取り経験談 〜ブランデー編〜

 

私は趣味でブランデーの古酒を集めており、良いことがあった時に少しずつ飲むのが密かな楽しみでした。
こつこつコレクションしたそのラインナップはそれなりに充実したもので、もうすぐやってくる定年退職の日には、とっておきのカミュの古酒でお祝いをしようと決めていました。

しかしその年の健康診断で初期の癌が見つかり、医者からもお酒は飲んではいけない、と固く申し渡されてしまいました。

半生をかけて集めたブランデーでしたが、家族のすすめもあり買取り業者さんに売却することにしました。
しかし「半端な値付けをするようなバイヤーには絶対に売らない」とも思っていました。
バイヤーさんを自宅に招き、コレクションを確認してもらったところ、私の想定よりも高額な査定が見積もられました。
さらにお酒を手放す事情を話したところ、さらに色をつけてもらえ、満足のいく価格で買い取ってもらえました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はご紹介した経験談は、全てお酒買取り専門業者「ファイブニーズ」を利用された方のお話です。
この業者さんは私個人としてもおすすめの業者さんです。
次回はこの「お酒買取りのファイブニーズ」について、さらに深掘りしてご紹介したいと思います。

  • 1