初めての方でも大丈夫!お酒の高額買い取りナレッジ

高い金額でお酒を買いとってもらいたい!

家にあるけど飲まないお酒を現金に換えたいな...
お酒は好きだけど、飲みすぎは体に悪いな…
お酒をもらったけど、飲まないな…
と考えている皆様へ。

なるべく高額にお酒を買取ってもらうために、酒好きの管理人が役立つナレッジを紹介しています。
お酒買取りサービスの利用を考えている全ての方は、「できる限り高く買いとってもらいたい」という共通する思いを持っておられるものと思います。

こういった気持ちを持たれることは当たり前のことですが、実際に高く買い取ってもらうためにはいくつかの「注意しておくべき条件」が存在します。
初回にあたるこの記事では、その条件を4つのポイントに分けてご紹介します。

1.査定前に掃除をしよう

お酒のボトルの状態は、その査定額に大きく関わります。
買取られたお酒ははまた別のユーザーに販売されますので、当然汚れた状態では販売できません。
買い取ったお酒のボトルが汚れている場合、買取り業者が清掃をしています。
つまり清掃にかかるコストが必要になります。

そういった状態のお酒は、査定額を減額される可能性が非常に高いです。
少しのことではあるのですが、ボトルが汚れていたり、埃が積もっているお酒は、査定依頼を出す前に掃除をしておきましょう。
たったそれだけのことで、査定額が上がるかもしれません。

2.付属品の有無を確認しよう

お酒には付属品があるものも多数存在しています。
例えば購入時にお酒が収められている化粧箱や、ノベルティのオリジナルグラスなど、その内容は様々です。
高級なお酒ほどそういった付属品が付いていることが多く、その付属品を紛失したまま買取りを依頼した場合、査定額が大幅に減額されることが多いです。

例えば高級なブランデーであれば、バカラクリスタルの替栓が付属していることがあり、紛失した場合は査定額に影響が出ます。
また高級ワインの場合は、ギャランティーカードが付属していることが多いのですが、そのカードを紛失した場合、それだけで1万円近く査定額が変わる場合もあります。
必ず付属品も一緒に査定してもらいましょう。


画像元:http://www.iguana-world.com/

3.賞味期限の確認をしよう

極一部のヴィンテージのお酒以外は、基本的に賞味期限が設定されています。
賞味期限が過ぎているお酒はもちろん、期限ギリギリのお酒に関しても、買取り対象として査定してもらえない場合があります。
お酒は基本的に「少しでも新品の状態に近いもの」ほど高額査定がつきます。

また直接賞味期限には関係ありませんが、お酒の化粧箱やボトル、ラベルの印刷状態は、時間がたつほどに劣化します。
高額買取りの対象となるのは「美品のお酒」です。
「買ったけれども多分このお酒は飲まないな」と思ったら、すぐに査定に出すことが重要といえるでしょう。


画像元:http://kurand.jp/blog/2013/12/16/sake-hozon-conserve/

4.ラベルがはがれていないか確認しよう

全てのお酒にはラベルが貼り付けられています。
ラベルには、そのお酒に関わる重要な情報がたくさん記載されています。
製造年や、製造者、原料、限定品の場合はシリアルナンバーなど、全て査定時に買取り額を決定する重要な情報ばかりです。
ヴィンテージのお酒だった場合は、このラベルの情報がより重要になってきます。

なるべくラベルの状態を綺麗にしておくだけでなく、汚れていても無理にはがしたり、洗剤などに浸けたりしないようにしましょう。
ラベルがはがされたお酒は、減額どころか買取不能になってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回の記事では「お酒を高く買ってもらうためのポイント」についてご紹介しました。
特にボトルの掃除は簡単なことですので、必ず綺麗な状態にしてから査定に出しましょう。

中にはファイブニーズなどのように独自の仕入れルートを持っていて、
他の業者より高額に酒を買い取ってくれる酒買取り業者もありますので、業者選びは慎重に。

当店は“飲食店コンシェル”というサービスを通じ、全国の飲食店との強力な提携ネットワークがあります。この強力なネットワークを使い再販ができるからこそ、どこにも真似のできない高額買取査定を実現しております
引用:お酒買取り専門店ファイブニーズ

次回は「お酒を素早くお金に変える方法」についてご紹介します